smasell sustainable commune パソコン用の画像 smasell sustainable commune スマートフォン用の画像
ABOUT
鉄工所跡地の廃工場をリノベーションした約200坪の敷地に、衣・食・住にまつわる人や環境にやさしいブランドが集結し、「おいしい」・「うれしい」・「たのしい」という人間の直感的な感覚でサステナビリティやパーマカルチャーを体感いただく複合施設です。
ファッション、インテリア、コスメ、フード、アート、音楽さまざまなカテゴリーのサステナブルな商品がならび、ランチやショッピングを楽しみながらSDGsを体験できる新しい集いの場所。
毎回購入するごとに100円の寄付が希望するNGO団体(森林保全団体・戦地の難民支援・地震の被災地等)に寄付できる仕組みや、廃車になったロンドンバスをリノベーションしオーガニックカフェでゆったりとした時間と心地よい空間を提供します。
週末の施設内ではタレント・インフルエンサーの古着を中心としたフリマイベントやミュージシャン・DJによるライブイベント等も開催予定です。

SHOPPING MALL × CAFE × LIVE × GALLERY
CONTENTS

みつける


全国初のフラッグシップストア
アパレル製品をお得に購入できるスマセル直営店


さまざまなカテゴリー展開
ファッション/インテリア/コスメ/フード/アート 等の製品展開


100以上のサステナブルブランド
国内外のさまざまなサステナブルブランドが終結

まなぶ


フードロス/ファッションロスの問題
スマセルのフィルターを通し様々な業界の廃棄ロスの現状を知る


ファッションショー
ブランドの世界観に触れ新しい「好き」との出会い


各種ワークショップ
リメイクや染め直しなど、モノを大事にするイベントを開催

つながる


不要衣類の交換会
服を通したつながりから新しい消費行動を生み出す


支援団体への寄付
売り上げの一部をお客様の選んだ支援先へ寄付


コミュニティ形成
ユーザー同士の交流、地域・自治体との連携、地域参加型の施設を目指す

MEMBER
PROJECT LEADER
TSUYOSHI FUKUYA
【WEFABRIK/SMASELL CEO】
CREATIVE DIRECTOR
YOSHIO KUBO
【yoshiokubo Designer/CEO】
ARCHITECT
KONISHI HIROMITSU
【MISO / CHANEL/ KTOTO GRAPHIE】
AREA
多くのアーティストが移住しギャラリーやライブハウス等が点在しさまざまなカルチャーが交差する大阪・北加賀屋クリエイティブビレッジ。SMASELL SUSTAINABLE COMMUNEは芸術家や音楽家、ファッションデザイナー等が出会い、コラボレーションできる新たなサステナブル&パーマカルチャーの配信拠点になります。

▶︎北加賀屋クリエイティブビレッジ
MASK ( MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)
SMASELLから徒歩2分

大型アート作品の『見せる収蔵庫』
鉄鋼工場・倉庫跡を大型美術作品の見せる収蔵庫として、2014年より年に1回、一般公開の機会として展覧会「Open Storage」を開催しています。
参加作家(五十音順):宇治野宗輝、金氏徹平、久保田弘成、名和晃平、持田敦子、やなぎみわ、ヤノベケンジ

▶︎MASK
CREATIVE CENTER OSAKA(名村造船所跡地)
SMASELLから徒歩5分

クリエイティブセンター大阪(Creative Center OSAKA)は、大阪市住之江区の木津川河口に位置し、名村造船所大阪工場が移転後、休眠状態となっていた広大な敷地をクリエイティブな活動による活性化を目的として設立された日本でも他にはない造船所跡地よるスペースです。
造船所跡地という産業遺産に眠る<廃墟のポテンシャル>を最大限活かしたユニークな空間で、さまざまな「クリエイション」と「コミュニケーション」のための実験の場を提案します。

▶︎https://youtu.be/_k_K1w0-5CA
BEFORE
多くのアーティストが移り住む北加賀屋クリエイティブビレッジの中にある使われなくなった鉄工所跡地をフルリノベーション。約200坪 2階建て廃車になったロンドンバスも店内に設置予定。シーズンごとのテーマに沿ったグラフィックで覆う。
AFTER
※写真は完成イメージです。
ENTRANCE
クリエイティブディレクター【yoshiokubo】によるメディア拡散性も考慮したダイナミックな外観デザイン
BRANDS
& SHOPS
SELECTED BRAND

SHOP

CAFE & RESTAURANT
LIVE EVENT
大沢伸一 / SHINICHI OSAWA

音楽家、作曲家、DJ、プロデューサー。国内外の様々なアーティストのプロデュース、リミックスを手がける他、広告音楽、空間音楽やサウンドトラックの制作、アナログレコードにフォーカスしたミュージックバーをプロデュースするなど幅広く活躍。
森田美勇人 / MYUTO MORITA

日本の俳優、モデル、ダンサー。アーティストとして音楽やダンスでの表現の傍ら、絵や写真などの表現活動、多数のファッションブランドからのビジュアルモデルとしての起用など、活動の幅は多岐にわたる。2021年11月に、自身の思想をカタチにするプロジェクト「FLATLAND」を設立し、本格的にソロでの活動を始動。
MYUTO MORITA / FLATLAND 【YouTube】
私たちを
取り巻く環境
現状、私たちの生活するこの地球は危機に瀕しております。
2015年パリ協定でも採択された通り現状の気候よりも2度以上の気温上昇が進んだ場合、人間が自然と共存して耐えられる限界レベルを超え、洪水や高潮、伝染病、食糧不足等の様々な天災が起こるリスクがあると言われており、2030年までに気温上昇を2度以下に抑えることがSDGsにかかげた達成目標となっております。
ファッション産業においては年間3000億着以上もの洋服が廃棄処分されるファッションロスの問題を抱えており、生産時、廃棄処分時に出る大量のCO2量は石油産業に次ぐ環境負荷の激しい産業と言われてます。
※JCCCA(全国地球温暖化防止活動推進センター)

私たちの考える
サステナビリティ
我々の考えるサステナブルな活動とは肩ひじをはらず人にも環境にも愛を持って生きる姿勢そのものを指しております。
環境を守るためには、とかく人類がいなくなることが最善なのではと言われるような極端な思想を良しとしません。
生きる以上は何らかの負荷を掛ける事を認めた上で、せめて正しく美しく生きようと積極的に活動する活動家達を応援し、彼らと共に手をつなぎ持続可能な社会を実現するため活動します。
私たちはそのような活動家とファッション、ライフスタイル、食品、美容、芸術、音楽など様々な産業の枠組みを超えてつながり共に活動することで気候変動を主とする社会課題の解決に大きなインパクトを与えると信じております。

CONTACT
各種メディア・媒体からのお問い合わせ、施設に関するお問い合わせは下記よりお願いします。

SMASELL Sustainable Commune
大阪市住之江区北加賀屋5丁目5ー26
2024年夏オープン予定

【運営会社】
株式会社ウィファブリック
大阪市西区京町堀1-14-24 タツト靭公園ビル7階
TEL : 06-6459-7420
MAIL : info@wefabrik.jp