COLUMN

コラム

25

特価品のアパレル・インテリアの仕入れはSMASELL(スマセル)で!卸・問屋の歴史を通して知る有効策

特価品のアパレル・インテリアの仕入れは繊維ファッション業界専門のマーケットプレイスで

特価品のアパレル・インテリアの仕入れは繊維ファッション業界専門のマーケットプレイスで

特価品アパレル・インテリアを仕入れる際は、繊維ファッション業界専門の会員制マーケットプレイスSMASELL(スマセル)をご利用ください。生地・糸などの原料をはじめ、付属類まで幅広く取り扱っています。

会員制マーケットプレイスの特徴は、匿名で仕入れができること、特価品を第三者に知られることなく取引できることです。PCやスマートフォンで手軽に効率よく、企業間で売買できるファッションフリマサイトとしては、国内最大級の商品点数を揃えています。

卸・問屋の歴史は参勤交代制度にあり!

現代のである問屋が本格的に発展したのは、江戸時代のことです。その背景には、大名統制対策である“参勤交代制度”が関係しています。各地を治める大名たちは、江戸にある武家屋敷に自分の家族を住まわせ、一年おきに自分の領地と江戸を行き来していました。

そのため、各大名たちの家族は生活必需品を、家来たちは装飾品を江戸で調達する必要がでてきます。もちろん現金がなければ調達できませんので、参勤した際に持ち込んだ領地の特産物や工芸品を卸し、江戸各地で現金化していったのです。こうして、江戸庶民は全国各地にある商品に対する知識が向上し、問屋としての商いが盛んに行われるようになりました。

この物流発展と共に、特産物や工芸品を流通させるインフラも自然と整備されていきます。日本の流通は、「必要な品を必要に応じて卸す」卸・問屋という存在なしに語ることはできないのです。

アパレルの特価品を求める企業・デッドストックを処分したい企業間の問題解決に

アパレルの特価品を求める企業・デッドストックを処分したい企業間の問題解決に

アパレルのセール品・特価品が街を彩る中、少子化が進み高齢社会という時代を迎えた日本は、卸業に対する経営を考え直さなければなりません。なぜなら、アパレルのメーカーや小売店が抱えている「デッドストック」の問題解決に取り組まなければ、卸業の存在領域を確保するのが難しくなるからです。

しっかり流通全体に目配りすることで、流通の中継役を担うメーカーや小売店との経営体制づくりに、有効な策が確保できます。時代の流れと共に変化する流通。それに対応したいと考え、誕生したのがSMASELL(スマセル)です。デッドストックとなった在庫を資源として再使用するために、ぜひお役立てください。必要とする企業・処分したい企業間で、資源をシェアしていきましょう。

OTHER

その他のコラム

アパレルの卸を検討している方はSMASELL(スマセル)を

社名 株式会社ウィファブリック
住所 550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目14-24 タツト靭公園ビル701号
TEL 06-6459-7420
URL