COLUMN

コラム

24

アパレルの在庫処分や仕入れ・買取ができるSMASELL(スマセル)~理論在庫と実在庫~

アパレルの在庫処分や仕入れ・買取をするならSMASELL(スマセル)で

アパレルの在庫処分や仕入れ・買取をするならSMASELL(スマセル)で

アパレル在庫処分と品質の良いアパレル製品の仕入れ買取をご希望でしたら、SMASELL(スマセル)をご利用ください。SMASELL(スマセル)では、処分に困ったアパレルの商品や素材を手軽に出品することができます。

出品された商品は、百貨店や量販店、海外バイヤー様が買取するシステムです。匿名で出品できる会員制のフリマサイトですから、既存顧客との関係性を維持しながら安心して取引を行えます。また、全国の商社・問屋・アパレルが利用できるため、仕入れや買取を行う業者の幅が広がるというメリットもあります。

アパレルの在庫処分を減らすSMASELL(スマセル)を利用してコスト削減を目指そう

アパレルの在庫処分を減らすSMASELL(スマセル)をご活用いただくことで、コスト削減にも役立ちます。余剰在庫となった商品は、所有しているだけで管理費がかかります。その上、廃棄する際もコストがかかってしまうという問題を抱えている現状。その在庫品をSMASELL(スマセル)へ出品して売買できれば、無駄なコストが削減できるだけでなく、利益を得ることもできます。在庫処分でお困りのアパレル業者様は、ぜひSMASELL(スマセル)をご活用ください。

理論在庫と実在庫のズレが生じる原因

理論在庫と実在庫のズレが生じる原因

商品の在庫を管理する表、専用のシステムに記録されている在庫を理論在庫と言い、実際に倉庫にある在庫を実在庫と言います。両者が常に一致しているのが理想ですが、業務の都合上、ズレが生じることがほとんどです。

そのズレを放っておくと、在庫不足で出荷が遅れてしまう、実在庫はあるがシステムでは在庫なしになっているなど、企業にとってマイナスな事象が起きてしまいます。「売れるはずの商品が売れなかった」では、済まされない問題です。

それでは、なぜ理論在庫と実在庫にズレが発生してしまうのでしょうか?よくあるケースとしては、「仕入れた商品の数と管理表に入力した数が間違えていた」という人為的ミス。または「入力が遅れてしまった」「廃棄した数が管理表に反映されていない」「商品が別の場所に移動されていた」などの原因もあります。

在庫のズレは企業のイメージダウンに影響することも考えられるため、在庫管理を徹底して、在庫処分の手間も軽減しましょう。

OTHER

その他のコラム

アパレルの卸を検討している方はSMASELL(スマセル)を

社名 株式会社ウィファブリック
住所 550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目14-24 タツト靭公園ビル701号
TEL 06-6459-7420
URL